生活習慣を正して歯も大事に

>

日常生活で意識すること

日々の歯磨きで気をつける

歯の詰め物は、毎日食事をして歯磨きをしていれば、取れてしまうこともあるかもしれません。
からだの一部であるからこそ、気をつけなければいけないことがあります。まずは、強く磨きすぎないように気をつけましょう。口の中の様々な部位を傷付けてしまう原因になります。
また、歯磨きをしないことによっても、汚れで細菌が繁殖してしまいます。せっかく治療をして詰め物をしているのに、また虫歯になってしまうことも当然あり得るのです。詰め物をしたからといって、油断をしてはいけません。
細かい作りのものは特に、歯を磨くときに丁寧に磨くことが必要となってきます。虫歯の原因が詰め物自体になってしまっては本末転倒ですので、しっかり磨きましょう。

取れたときには

歯の詰め物は、取れてしまう可能性もあります。突然取れてしまったらパニックになってしまいそうですが、落ち着いて対処しましょう。
基本的に、取れてしまった詰め物は取っておく必要があります。治療をしてくれた歯医者からの指示もあると思いますが、まずはタッパなどで保管しておきましょう。
詰め物は、治療した人に合わせて丁寧に作られています。簡単にできるものでもありません。
歯の詰め物がとれたら、まずはすぐに治療をしてくれた歯医者に連絡して、対処法を確認しましょう。大抵の場合には、再度歯医者に行き、詰めてもらうことになるでしょう。
詰め物によって取れやすさなどもまた異なってくるものですが、何があるかは分かりません。基本的な対処法について確認しておくのも良いでしょう。


TOPへ戻る