生活習慣を正して歯も大事に

>

詰め物と付き合うということ

虫歯になってしまったら

歯の詰め物とは、主に虫歯治療のために用いられることがほとんどです。
虫歯治療において歯の欠けた部分を補ったり、隙間を埋めたり、もしくは歯の外見を綺麗に見せるために用いられたりします。
もし虫歯などで歯が欠けたりしてしまっても、治療することができるという素晴らしいものです。
現在では様々な種類と治療法があり、私たちはそれを選択することができるでしょう。
そのため、虫歯になったときなどには、自分の歯がどのような状態で、どのような治療法があっているのかをよく確認しておく必要があります。
適当に診てもらうだけではなく、自分で自分の体のことについて把握しておくことで、治療後の生活で何を意識しなければいけないのかが分かります。

様々な詰め物

歯の詰め物には、様々な種類があります。有名なものだと、銀歯などのように、虫歯になった部文に別素材のものをあててカバーするものでしょうか。
これは、銀だけでなく他の様々な素材も用いられてるため、自分で選択することができます。
外見をカバーするために用いられるものもあり、自分の歯の状態に合わせて詰め物の種類を選びます。
昔よりも様々な素材のものがあるので、事前に自分でもしっかり調べておくことが重要です。
金属で作られたものや、レジンというようなプラスチックで作られたものなど、素材だけでも様々な種類があります。
歯に詰め物をするということは、その詰め物を自分の体の一部にするということです。どの素材や種類が良いのか、自分でよく調べてみましょう。


TOPへ戻る